《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ

レーシックというのは、目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます。
なので遠視だろうが近視だろうが、レーシックで元に戻すことが可能というワケです。

 

老眼はつまり遠視という状態となっているので、それは近視と同様にレーシックの手術で治療させることが可能です。
つまり遠視で悩んでいる人は、信頼出来るレーシックのクリニックに一度相談に行ってみると良いでしょう。
老眼というのは、一度その症状が進行をしてしまうと、二度と元には戻ることはないと思っている人が大勢います。
しかし老眼はレーシックによって元通りの視力に戻すことが出来るのです。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。

荻窪 不動産
http://www.gulliver-nakano.jp/ogikubo/
荻窪 不動産



《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せブログ:2019/06/30

ボクは減量するにあたって
「毎晩の日本酒は続ける」
と言う事だけは決めていました。

そして「日本酒はやめない」と決めた後に
「日本酒を飲んでも減量を続けるにはどうしたら良いか?」
ということを考えました。

やめたくない事を無理してやめて、
「苦行のような減量」をするよりは
やめたくない事は続けて、
「やりやすい減量」をする方が
ストレスなく続けられます。

つまり「減量を行うポイント」を絞り込むんです。
生活の全てを減量に捧げる必要はないんです。
そんなことをしたら息が詰まってすぐに挫折してしまいます。

この「減量を行うポイント」が
ボクの場合、「11時食」でした。

6時食・夕方食は兄が家で作っているし、
もともと減量食のような食事でした。

このためボクにとっては「11時食」を見直すことが
一番減量をやりやすいポイントだったのです。

だから最初の頃、ボクの減量は
「11時食の見直し」
ただそれだけです。

こんな風に、自分の核となる減量法を一つ決めて、
そこだけは毎日淡々と続けることにして、
それ以外に関しては
できるだけストレスにならないように変えませんでした。

つまりそれが、
ボクにとっては「日本酒をやめない」というだったのです。

減量は 「生活の一部」 です。
基本的に、終わりはありません。
目標体重をクリアしたら
若干は食べる量を増やしたりしてもいいと思いますが、
基本的な生活はそのまま続けないとリバウンドしてしまいます。

だから「やりやすい減量生活」は一生続けるべきです。
一生続けるためにも
「好きな事はガマンしない」ことが非常に大切なのです。